通信 制 高校 メリット、デメリット!全日制と違う学習環境。

通信制高校単位制という特徴があり、全日制高校ではなく通信制高校を選ぶメリットは多くありますが、逆に通信制高校だからこそ待ち受けている困難もあります。

通信制高校に入学するか迷っているのならまずは、通信 制 高校 メリット、デメリットについて知っておいてください。

通信 制 高校 デメリット

通信 制 高校 デメリット1:自分で勉強する必要

通信制高校では中学校の復習がほとんどでレポートを提出するだけでは大学進学するための知識を身につけることは難しいです。

それを乗り越えるためには通信制高校ならではの使える時間を有効に使い自分で大學受験対策をする必要があります。

通信制高校によっては進学対策コースなどもあり個別に指導してもらえるコースもあるため、自分で勉強してわからないところはその時に教えてもらうと全日制高校に通うよりも大學受験は有利になる可能性もあります。

通信 制 高校 デメリット2:人とのかかわりあい

学校に通う日数の少ない通信制高校では人とのかかわりあいは少なくなります。逆にそれがメリットだと感じる方もいるかもしれませんが、自宅学習がメインになってしまうと家族以外とのコミュニケーションをとる機会は少なくなってしまいます。

私立の通信制高校では部活がある学校もあり、趣味などを通じて、なるべく人とかかわる機会を持つと友人ができやすいです。

通信 制 高校 メリット

通信制高校メリット1:選べる学校が多い

通信制高校は募集区域が決まっている、狭域通信制高校と全国から生徒を募集している広域通信制高校があります。全日制高校の場合には自宅近くの学校に通うのが一般的ですが、広域通信制高校の場合には入学制限がないため全国どこの地域からでも入学することが可能です。

スクーリングも年間5日間~など期間も短く全国各地にスクーリング専用の施設がある学校も多いため無理なく学習ができます。

通信制高校メリット2:学費が安い

公立の全日制高校の学費は3年間で約30万円

私立の全日制高校の学費は3年間で約300万円

公立の通信制高校の学費は3年間で約15万円

私立の通信制高校の学費は3年間で約60万円

全日制の高校に比べて通信制高校の学費は安くなっています。私立の通信制高校に通う場合には自宅学習メインでスクリーングの少ない学校を選ぶと学費は安くなります。

通信制高校は高等学校等就学支援金を受け取ることができるため、公立の通信制高校では最大年間11万8,800円支給。

私立の通信制高校では市町村民税所得割額によって1単位あたりの最大支給額が異なりますが、

授業料1単位あたり4,812円~12,030円支給されます。そのため、私立の通信制高校に通う場合にもこの制度を利用すると3年間の学費はあまりかからない場合もあります。

通信制高校メリット3:いつでも転入、編入ができて留年しない

全日制高校では入学時期が4月と決まっているのですが、通信制高校では学校によっていつでも受け入れてくれるため、もしも、高校を辞めて、新たに通いたい場合にも直ぐに編入が可能です。また、今まで取得した単位を引き継げるため、留年をして学年をやり直す必要もありません。

・36ヶ月以上の在籍期間

・必履修科目と74単位以上の単位取得

・30単位時間以上の特別活動

これらを満たすと高校卒業資格が得られます。

通信制高校メリット4:色々な生徒を受け入れてくれる学習環境

通信制高校は学校に通う日数が少なく自宅学習をしてレポートを提出するため自由な時間が多いのもメリットの一つです。そのため、働きながら高校に通いたい生徒、不登校や病気などを理由に毎日通えない生徒、自分のペースで学習をして進学を目指している生徒など様々な生徒を受け入れてくれる環境があります。

通信制高校メリット5:目標に合わせてコースを選べる

単位制で自由に使える時間が多い通信制高校ですが、その特徴を生かしてジャンルを特化して学べる学校も増えてきています。大学進学コースや医歯薬コースなど大學受験に特化した通信制高校やプログラミングなどのIT、音楽や演技などエンターテイメントに特化したコースもあります。

ただなんとなく3年間学校に通うよりも目標を持って3年間過ごした方がこれらかの人生に役立ちます。

以上、通信 制 高校 メリット、デメリット!全日制と違う学習環境。…についての解説でした。

通信制高校だからこそ可能な夢や目標をもって学習できる環境を探してみてください。
ズバット通信制高校比較

関連記事

ページ上部へ戻る