通信 制 高校 ある ある|通っている生徒が共感している日常とは?

全日制高校とは違い、通信制高校だからこそある何気ない日常があります。普通に生活していると気がつきにくいのですが、そういえば、思い返してみると全日制高校にはない生活だと思うこともあるようです。

通信制高校に通っている生徒は普段どんな生活をしているのか?

このサイトでは通信 制 高校 ある あるについて紹介しています。

意外と多い日常生活の通信 制 高校 ある ある

通信 制 ある ある:学校に行くことが予定になる

毎日学校に通うことが、全日制高校に通う生徒はあたりまえのことのように過ごしていますが、通信制高校では自宅学習メインのコースだと学校に通う日数が少ないため、学校に行かないことがあたりまえのように過ごしています。そのため、学校に行く日というのは予定として考えられています。日曜日の夜に「明日は月曜日で学校がある学校に来たくないー」といったこともないため、曜日感覚がわからなくなることもあるようです。

通信 制 ある ある:友達の年齢がバラバラ

通信制高校に通っている生徒は中学校を卒業してそのまま進学した生徒や高校を途中で中退して編入してきた生徒、働きながら再び通信制高校に入学した生徒など様々な年齢の方が通っています。そのため、普段何気なく接していて気がつきにくいですが年齢を聞いてみると年上だったり、逆に年下だったりすることもよくあるようです。年齢の違う人と仲良くなれるのも通信制高校あるあるですね。

通信 制 ある ある:先生が優しくて気さく

通信制高校は全日制高校に比べても校則が厳しくないため、ピリピリとしている先生が少ない印象です。実際に通っている生徒のツイッターの投稿などでは先生がフレンドリー、先生が優しい、相談がしやすいなども見かけます。毎日通うわけではありませんが、学校に行くと優しい先生がいると安心感はありますね。

通信 制 ある ある:レポート提出がぎりぎりになりがち

通信制高校は自宅学習がメインになるなるため、自分で学習スピードを管理する必要があります。通信制高校に通っている生徒の多くが、他に目標としてがんばっていることがあります。大学進学のための受験勉強、スポーツ、芸能活動、プログラミング学習、バイトなどです。そのため、レポートがたまり、提出がぎりぎりになりがちになりやすいようです。学校に行かなくていい分、他のことに時間を使えるのが通信制高校のメリットですが、高校を卒業するための計画を自分で予定しないといけないのも通信 制 ある あるです。

通信制高校あるある まとめ

通信制高校あるあるを知ると通信制高校の生活がどんな感じなのか、少し想像できたと思います。

通信制高校は学校によってもコースやスクーリング日数、カリキュラムの違いがあるため、気になる学校があればまずは資料請求をして、どんな学校生活なのかを知っておくと、より自分に合った学校生活を送れるはずです。

以上、通信 制 高校 ある ある|通っている生徒が共感している日常とは?…についての解説でした。

通信制高校だからこそ可能な夢や目標をもって学習できる環境を探してみてください。
ズバット通信制高校比較

関連記事

ページ上部へ戻る