高校 辞め たらどうなる?後悔と試練の先にある次の選択肢!

高校辞めたらどうなるのだろうか?学費も支払ってもらっているから勿体ない、辞めたら後悔するんじゃないかな、など今後の自分を想像してしまいますよね。

頑張って受験をして受かった高校を辞めてしまうのは正直もったいないですが、高校を辞めることによって色々な物事から開放されてスッキリして毎日を明るく過ごせるのならいいのかもしれません。

部活や勉強でもそうなのですが何事もその時はつらくて辞めたとしても、後々、つらいことから開放されて、冷静に考えるとなんであの時に辞めてしまったのかと後悔してしまう時期があるものです。

このサイトでは高校 辞め たらどうなるのか?そして後悔をした後の次の選択について解説しています。したのであればそれなりの試練を想定していないと、こんなはずじゃなかったと後悔してしまいます。

後悔とは自分のしてしまったことに後になって失敗であったとくやむこと、そうならないために待ち受けている試練について解説していきます。

高校を辞める時に想定しておくべき試練

試練とは信仰・決心のかたさや実力などを厳しくためすこと。また、その時に受ける苦難のこと、人生の中で重大な決断する際には試練を乗り越える必要があります。

乗り越えないといけない試練とは

・就職

・進学、資格取得

・人とのつながり

16歳~18歳で高校を辞めることによってこれから長い人生を生きていくうえで大切な、就職、進学、資格取得、人とのつながりに影響を及ぼします。

仕事をしたいと思っても中卒、高校中退している事を理由に正社員はおろか、バイトでさえ断られてしまう可能性もあります。そのため、職が不安定になりがちで安定した収入を得ることが難しくなります。

進学や資格取得しようにも高卒資格が必要です。そのためには、高卒資格、高卒認定資格を取得は必須です。高校を辞めた後にも自分で勉強をして高卒認定資格を取ることができれば次のステップに進むことは可能になりますが、勉強をさぼってしまうといつまでたっても進学はできません。

高校を辞めると人のつながりはとぎれてしまいます。生活のリズムもかわってしまうため、今まで欲連絡していた人とのつながりも疎遠になりがちです。

友達は高校に通っているのに自分は働いている、働いていれば収入は得られるため、同級生に比べてお金を持っている優越感に浸れますが、それは一時的です。高校を卒業した友人は進学をして、就職をして、安定した収入を得ているので、逆転してしまいます。

高校を辞めて後悔をするのかは人それぞれそれ違いはありますが、どこかのタイミングで高校を辞めなければよかったと思う瞬間はあるかもしれません。

高校 辞め たらこのような試練が待ち構えているという事を想定しておきましょう。

高校中退後の試練を乗り越えるための選択。

高校中退すると人生終わりという人もいますが、そんなことはありません。後悔しないため、これからの将来、進学、就職を目指すのなら、編入することができます。高校を辞めて再び高校に入学することを編入といいます。

高校に行きたくないで辞めたのにまた1年からやり直すのなんて嫌だとおもうかもしれませんが、通信制高校なら年間5日間スクーリングに通うだけ、レポートを提出して単位を取得するため、学年という概念がありません。

そのため、編入をすると辞めた時の単位を引き継ぐことができるため、2年で辞めたのならその時単位になり、タイミングがよければ、同級生と同じタイミングで卒業、進学することも可能です。

通信制高校の編入時期は3月と9月になっているようなのですが最近ではいつでも編入を受け付けている学校もあるため、まずは資料請求をして気になる高校のオープンキャンパス、説明会に参加してみてください。

以上、高校 辞め たらどうなる?後悔と試練の先にある次の選択肢!…についての解説でした。

通信制高校だからこそ可能な夢や目標をもって学習できる環境を探してみてください。
ズバット通信制高校比較

関連記事

ページ上部へ戻る